日本の伝統文化として|ピアノレッスンで憧れのピアニストに近付ける
女の人

ピアノレッスンで憧れのピアニストに近付ける

日本の伝統文化として

書道

現在日本伝統の文化も見直されており、書道もその1つです。書道と言っても、たしなみとしての面もありますが、アートとしての面もあります。なので、書道家といってもさまざまなタイプがあります。まず書道教室の先生になる人は、資格は必要ありませんが、自らの技術を保証するためにいずれかの流派に所属して師範として認められているケースが多いです。学校で書道の先生になるには、教員免許が必要です。書道専門の教師というより、国語や芸術の授業の一部となります。アートとしての書道家になるには、資格は必要ありません。ただ、高名な書道家の弟子に入ることで、高い技術を学ぶことができます。また、現在はインターネットを通じて自らの作品を売り込むことができるので、インターネットを利用している書道家も多いです。

画家と同じで書道家も自らの才能を磨くことに力を注ぎます。独学で行う人もいますが、効率よく学ぶには多くの同志と学び合うことが大切です。大学の中には書道科をもつ大学もあり、そこでは書道の技術だけでなく、歴史も学べます。また、書道の先生になるために、書道の指導方法も教えてもらえます。大学の書道家を卒業できれば、教員免許も得ることができるので、書道家としての仕事の幅を増やすこともできます。プロの書道家として自分の作品を売って生計を成り立たせられるのは、一握りの人間です。安定的な収入を確保したいのであれば、書道教室を持つことになりますが、それでも生徒を集めるのは簡単ではありません。一般の人に向けて書道家の技術を分かりやすくアピールするのには、賞を獲得しているのが便利です。いろいろなコンテストに出品することも大切です。